記事一覧

dummy

電子マネーの私的利用などによる領収書の二重費用計上に注意!

14.03.30
ビジネス【税務・会計】

仮想通貨のビットコインに関する記事が
新聞紙上を賑わしていますが、
当局からはその前にSuicaやPASMOといった
電子マネーの取り扱いに注目しているようです。

と言うのも、中小企業では、
電子マネーを利用した時点で
経費処理するのではなく、
領収書の出るチャージ時点で
交通費として経費処理することが
一般的に行われているからです。

dummy

「デザイン思考」の5つのステップを学んでみよう

14.03.30
ビジネス【マーケティング】

今回は「デザイン思考」の5つのステップを、
スタンフォード大学d.school(ディー・スクール)の
やり方で見てみることにしましょう。

ステップ1は「Empathize」で、共感する、理解する、
感情移入するなどの訳語が充てられます。
課題の文脈に沿う形で人々が、
どのように行動するのかを観察し、
関わりを見て聞くことで、
インサイト時に本人も気づいていないような
考え方や価値観を見つけていきます。

dummy

フレッシャーズの「明日」を楽しみに接する

14.03.30
ビジネス【人的資源】

幼少期の子どもには、
スポーツを教えてはいけないという。

サッカーならボールに触らせる。
「そこはドリブルじゃなくてパスだ」といった指導は、
子どもたちから自由な発想を奪う。
ドリブルをしたい、パスをしたい、シュートを打ちたい、
といった彼らの欲求を尊重する。

dummy

消費税増税を機にクラウド会計ソフトへ乗換え

14.03.16
ビジネス【税務・会計】

私はイタリアンレストランをオープンして、
3年目を迎えるオーナーシェフです。

昨年末あたりから顧問税理士に
消費税増税対策を相談しているのですが、
これがかなり大変なことになっています。

ご存じの通り、8%・10%と2段階にわたる改正のため、
当面の税率の管理が5%・8%・10%と
3つの税率が混在することになります。

dummy

人材を活かすのは採用入口から

14.03.16
ビジネス【人的資源】

企業が人を採用するとき
大きな関心事の一つは、
すぐ辞めないだろうか、
職場になじんでくれるだろうかです。

退職しないまでも、
不満をもって働いているような状況は、
雇い主にとっても本人にとっても残念なことです。

dummy

AIDMA(アイドマ)の法則の、DとMとAについて詳しく考えてみよう

14.03.16
ビジネス【マーケティング】

広告はWhat to sayとHow to sayでできている、
という話があります。

そのHow to sayチェックのための有名理論
AIDMA(アイドマ)の法則のうち、
今回は、D(Desire)とM(Memory)と
A(Action)について、考えてみましょう。

dummy

ひと工夫した定食で15坪・560万円。中野を中心に5店舗展開する注目店!

14.03.09
業種別【飲食業】

多彩な定食メニューを提供する
定食屋『手しおごはん 玄』。
2007年7月に出店した中野店に加え、
方南町店、中野坂上店、阿佐ヶ谷店、
新中野店と現在5店舗を展開。
どの店も好調だ。

中でも中野坂上店は15坪・28席ながら、
平日は近隣のサラリーマン客や
OL客をつかんで昼120人、夜110人、
休日は家族客が中心で一日平均180人が
来店する人気を誇る。

dummy

クリニックでできる接遇トレーニング

14.03.09
業種別【医業】

医療の接遇とはコミュニケーション力であり、
特に「受容・共感・傾聴」といった
「聴く」姿勢が大切です。

今回はそのトレーニング法について紹介します。

コミュニケーションは
「聴く」と「話す」から成り立っていますが、
実はこれらをバランスよく回すことが
苦手な人が結構います。

dummy

医療サービスに必要なコミュニケーション

14.03.09
業種別【歯科医業】

医療がサービスかどうかは、
長く議論がされている問題です。

これを考えてみるには、
まず、サービスとは何かを知る必要があります。

現代マーケティングの第一人者である
米国のフィリップ・コトラーはサービスを
「一方が他方に対して提供する行為やパフォーマンスで、
本質的に無形で何の所有権ももたらさないものをいう」と定義し、
その根本に顧客第一主義をすえています。

dummy

おもてなしとサービスの違い

14.03.09
業種別【美容業】

知らず知らずのうちに、
おもてなしとサービスの違いが
わからなくなっていることはありませんか?

自分ではおもてなしのつもりでも、
相手側は過剰なサービスに感じてしまう。
特にヘアサロンにおいては、
この違いがお客様への不快感へとつながりかねません。