コーディアル人事労務オフィス

記事一覧

dummy

「お友だちと仲良しですね」はNG? 求められる『LGBTQ』対応

24.04.02
業種別【飲食業】

性的マイノリティを意味する『LGBTQ』という言葉が一般に浸透し、日本においても性の多様化に対する理解が進みつつあります。 飲食店でもお客や従業員がLGBTQの当事者である可能性は高く、社会状況の変化のなかで、必要な対応が求められるようになりました。 性的マイノリティへの配慮を打ち出している店は、LGBTQのお客の来店動機になりますし、LGBTQの従業員も安心して働くことができます。 飲食店におけるLGBTQへの対応について、できることを考えていきましょう。

dummy

飲食店における火災発生時の対応マニュアル

24.03.05
業種別【飲食業】

飲食店は火を扱うことが多く、火災には最大限気をつけなければいけません。 しかし、どんなに注意していても、何らかの原因で火災が発生してしまう可能性はあります。 特に、隣接する店舗などからの『もらい火』は防ぐことがむずかしいでしょう。 もし、営業中に火災が起きてしまったら、どのように対処すればよいのでしょうか。 防火意識を高めることはもちろん大切ですが、火災が起きた場合を想定しておくことも大切です。 火災が起きたときの対応方法について、前もって把握しておきましょう。

dummy

冬に増える『ノロウイルス』の感染を防ぐためにしておくべきこと

24.02.06
業種別【飲食業】

食中毒は夏場に多発するイメージがありますが、実はノロウイルスが原因の食中毒は冬場に増加します。 ノロウイルスは感染力が非常に強く、感染者のふん便やおう吐ぶつ、感染者が触れたものなどから感染が広がっていきます。 もし、食品を取り扱う飲食店の従業員がノロウイルスに感染していた場合、爆発的な集団感染を引き起こしかねず、最悪の場合は営業停止などに陥る危険性もあります。 そこで今回は、ノロウイルスの感染を防ぐために、飲食店ができる対策について紹介します。

dummy

集客につながる『ハッピーアワー』で利益を維持するには

24.01.02
業種別【飲食業】

飲食店が夕方から夜にかけて一部のドリンクや食事メニューを格安のサービス価格で提供することを、『ハッピーアワー』と呼びます。 ハッピーアワーを実施しているのは、主にアルコール飲料を提供する飲食店で、その目的は客足の鈍る時間帯にお客を呼び込むためです。 しかし、利益率を下げる集客方法のため、ハッピーアワーが逆に店の負担になってしまうこともあります。 リスクや注意点をふまえながら、効果的なハッピーアワーの導入方法を考えていきます。

dummy

店の軒先で行う店頭販売で注意すべきポイント

23.12.05
業種別【飲食業】

コロナ禍では、ステイホームによる巣ごもり需要に応えるため、店頭販売を行う飲食店が増えました。 店内で調理したテイクアウト用の料理を販売する店頭販売は、キッチンカーのような移動販売とは異なり、店先など既存の店舗のスペースを使用できるというメリットがあります。 また、店先で販売するため、新規顧客の獲得につながるという効果もあります。 しかし、店内で販売する以上に、衛生面や提供の仕方などには気を配る必要があります。 店頭販売を考えている飲食店オーナーに向けて、店頭販売を始めるためのポイントなどを説明します。

dummy

人手不足も解消!? セルフサービスを導入する方法

23.10.31
業種別【飲食業】

コロナ禍では人と接触することのないセルフサービスの需要が高まり、特に飲食業ではさまざまな形で導入が加速しました。配膳や食器の返却、タブレット端末を使用したオーダーシステムなど、セルフサービスがコロナ禍を経て当たり前になりつつあります。 人手不足の解消や人件費の削減にもつながるセルフサービスですが、導入の際には客層や店内の動線、ランニングコストなどを考慮しなければいけません。 メリットとデメリットを交えながら、セルフサービスのあり方について考えていきます。

dummy

低リスクで開業できる⁉ 自宅で飲食店を開くための条件と注意点

23.10.03
業種別【飲食業】

飲食店を開業する際に一番の障壁となるのは、店舗用物件の確保です。 物件を用意できたとしても、貸店舗であれば、毎月のように固定費がかかってしまいます。 しかし、自宅の空いているスペースを活用して飲食店を開くことができれば、新たに物件を確保する必要がなく、賃料といった固定費もかかりません。 自宅を利用した飲食店の開業には、こうしたコスト面以外にもさまざまなメリットがありますが、一方で、事前準備やリスクへの備えなどが必要になります。 今回は、自宅で飲食店を開業するためのポイントについて解説します。

dummy

食品ロスを防ぎ、お客の満足度もあげる「食べ残しの持ち帰り」

23.09.05
業種別【飲食業】

食品ロスを防ぐための取り組みとして、食べ残しの持ち帰りを推進する飲食店が増えています。 お客にとっては食べきれなかった料理を持ち帰ることができ、店にとっても廃棄処理の手間が省けるといったメリットがあります。 これはSDGs(持続可能な開発目標)の観点からも、とても意義深いことです。 一方で、食べ残しの持ち帰りには店側もリスクを伴います。 もし、持ち帰りによって食中毒が発生したら、場合によっては店側の責任が問われるおそれがあるからです。 食べ残しの持ち帰りについて、店側が取り組んでおきたいことを説明します。

dummy

再開発や老朽化……もしも『立ち退き』を求められたら?

23.08.01
業種別【飲食業】

飲食店を経営していると、国や自治体による公共事業や大家の都合などで、立ち退きを迫られることがあります。 もし、立ち退くことになった場合、店の移転費用はもちろん、設備費や内装費、貸店舗であればテナント料など、多額の出費を覚悟する必要があります。 何より移転によって、せっかく定着した顧客を手放すことにもなりかねません。 立ち退きは、状況によっては拒否することができます。また、立ち退きを受け入れたとしても、通常は補償金として立ち退き料を請求することが可能です。 万が一、自分の店が立ち退きの対象になったときの対処法を説明します。

dummy

キッズメニュー中心の施策を考え、ファミリー層を呼び込む

23.07.04
業種別【飲食業】

ファミリー層が飲食店を選ぶ際、親や子どもに向けてどのような施策が行われているのかという点が重視されるといわれています。たとえば子どもたちが喜ぶキッズメニューなどを充実させることは、子連れ客の集客やリピーターの獲得にもつながります。 しかし、単純にキッズメニューを増やしただけでは、ファミリー層に満足してもらえません。大手のファミリーレストランやファストフード店などでは、親子に優しい飲食環境を提供すべく、さまざまな施策を打ち出しています。 今回は、キッズメニューの導入を中心に、ファミリー層を呼び込むための取り組みを紹介します。