記事一覧

dummy

子供がいない夫婦は遺言を活用しよう!

15.05.10
業種別【不動産業(相続)】

あの有名な唐沢寿明と山口智子夫婦には、子供がいません。そのため、彼らはお互い財産が承継されるようにお互いのために「遺言」を残しているそうです。

よく遺言セミナーなどの冒頭でお話ししますが、素敵なエピソードですね。

そのような子供がいない家庭においては遺言を活用しましょう! もしくは信託の活用をおすすめします。

dummy

後継遺贈型受益者連続信託の活用は100年先にも想いが残る?

15.04.05
業種別【不動産業(相続)】

後継遺贈型受益者連続信託は、信託法改正の目玉のひとつです。
このスキームは、信託の受益者をAと断定するわけではなく、Aが亡くなった後は、Bを受益者にする。
Bが亡くなった後はCを受益者にするという風に、あらかじめ決めておくことができる手法です(図参照)。

dummy

民事信託・家族信託がなぜ最大限に活用されるべきなのか?

15.03.11
業種別【不動産業(相続)】

民事信託を活用することでどのようなメリットや機能があるのか?
大きく分別すると、以下の4つが挙げられます。

1.資産承継・事業承継への柔軟な対応
2.後見制度に代わる資産運用・節税対策
3.不動産等に関する所有権等の物権を債権化により争族対策
4.倒産隔離機能を利用したリスクヘッジ

では、具体的に考えていきましょう。

dummy

新しい事業承継の形「民事信託・家族信託」とは?

15.02.11
業種別【不動産業(相続)】

“相続”の専門家として現場に立っていると、遺言や後見制度、任意代理権の枠内では、どうしてもクライアントが希望する承継スキームが実現できないということがあります。

そこで、これから様々な事例を踏まえてご紹介していく「民事信託」を活用していただきたいのです。

従来の「遺言」などと比べて、より柔軟な承継スキームを組み立てることができるため、現場での選択肢は確実に増えることでしょう。