記事一覧

dummy

期限延長!『交際費等の損金不算入制度』

22.06.07
ビジネス【税務・会計】

税務会計における交際費とは、取引先などに対する接待や贈答などを目的とした支出のことです。
税務上、交際費は原則として損金算入できないことになっていますが、期末の資本金の額または出資金の額が1億円以下の法人は、一部を損金として算入することが認められていました。
これを『交際費等の損金不算入制度』といい、成立当初は限定的な特例措置とされていましたが、複数回にわたり期限が延長されており、2022年度税制改正大綱にも2年間の延長が盛り込まれました。
課税負担を減らすことのできる交際費等の損金不算入制度について説明します。

dummy

会社設立時に発生した費用の経費計上と会計処理について

22.05.24
ビジネス【税務・会計】

会社を設立する際に発生する費用は、経費として計上することができます。
具体的には、設立準備から設立までの期間の支出は『創立費』、設立してから実際に事業をスタートさせるまでの期間の支出は『開業費』という勘定科目に入ります。
では、どのような費用が『創立費』と『開業費』に該当するのでしょうか。
会社を新しく設立した際の経費の取り扱いについて、説明します。

dummy

税金やお金の流れがよくわかる『決算書』の見方

22.05.10
ビジネス【税務・会計】

決算書は、企業の一定期間の経営成績や財政状態等を示す書類であり、確定申告の際にも必要な大切なものです。
決算書を見れば、その会社の経営実態や納める税金の額を知ることができます。
そこから経営上の問題点や改善点を読み取ることもでき、決算書の見方を理解することで、今後の経営方針や経営戦略も立てやすくなります。
そこで今回は、会社経営に携わる者であれば知っておきたい、決算書の見方について解説します。

dummy

消費税の軽減税率が適用される『一体資産』の条件とは?

22.04.26
ビジネス【税務・会計】

2019年10月に、消費税が8%から10%に引き上げられ、同時に軽減税率制度も適用開始されました。
軽減税率とは、特定の品目に対して消費税の税率を8%に据え置く制度のことで、飲食料品や新聞などが対象になります。
ちなみに、飲料であってもビールなどのアルコール類は対象外です。
ただし、これらの軽減税率の対象となる飲食料品と、対象外の品目が混在する商品については『一体資産』と呼ばれ、軽減税率が適用される場合と、適用されない場合があります。
今回は、一体資産が軽減税率の適用を受けるための条件について解説します。

dummy

知っておこう! 強制力や期間で異なる税務調査の種類

22.04.12
ビジネス【税務・会計】

税務調査は、誰もが対象になる可能性があります。
対象となる会社や調査時期などは明確に決まっておらず、通常は電話などで調査を行う旨の通知がされ、調査する側とされる側の都合をあわせて行われます。
一方で、すべての税務調査がそうした手順を踏むわけではなく、通知がない『無予告調査』、『強制調査』などもあります。
こうした調査方法の違いや、対象の選び方には、どのような違いがあるのでしょうか。
今回は、経営者であれば知っておきたい税務調査の種類を紹介します。

dummy

損益の計算における発生主義・現金主義・実現主義の違いとは

22.03.29
ビジネス【税務・会計】

企業会計では、一定の会計期間の損益を計算することを『期間損益計算』と呼びます。
3月31日が決算日であれば、前年の4月1日から3月31日までの1年間が会計期間となり、その1年間の会社の収益から費用を差し引くことで期間損益を求めることができます。
このとき、収益と費用を計上するタイミングによって『発生主義』『現金主義』『実現主義』という考え方が存在します。
企業の会計担当者にとって、会計の基礎となる3つの概念について解説します。

dummy

給与アップで税優遇! 『賃上げ税制』の拡充で税控除率が引き上げ

22.03.08
ビジネス【税務・会計】

企業の賃上げを促すための『賃上げ促進税制』が、令和4年度税制改正によって見直されることになりました。
現行制度では、従業員の給与などを増やすと、大企業で新規雇用者給与等支給額の最大20%、中小企業で雇用者給与等支給増加額の最大25%を法人税から控除されます。
改正後は、この控除率が大企業で雇用者給与等支給増加額の最大30%、中小企業では雇用者給与等支給増加額の最大40%にアップします。
制度が適用される期間や適用の要件など、経営者であれば知っておきたい賃上げ税制の中身を解説します。

dummy

中小企業における法人税の特例と適用期間の延長について

22.02.22
ビジネス【税務・会計】

現在、普通法人の法人税の税率は23.2%に定められています。
一方、規模の小さい中小企業は特例として『軽減税率』が適用され、800万円以下の所得に関しては、法人税率が15%に設定されています。
この特例を『中小企業者等の法人税率の特例』といいます。
2021年度の税制改正では、中小企業者等の法人税率の特例の期間が2年間延長されることになりました。
今回は、特例を受けることができる中小企業の適用範囲と併せて解説します。

dummy

利息を経費計上できる『ビジネスローン』という選択肢

22.02.08
ビジネス【税務・会計】

事業の運営資金を調達する方法の一つに、『ビジネスローン』があります。
ビジネスローンは『事業者ローン』とも呼ばれる法人や個人事業主の利用を想定したローンです。
ビジネスローンは原則的に事業での利用しか認められていません。
銀行の融資と比べると審査時間が短く、すぐに資金が調達できるというメリットをうたうものが多い一方で、金利が高く設定されていることが多いので、計画的な利用が大切です。
利息に関しては、他の融資と同様に経費として計上することが可能です。
今回は、ビジネスローンで資金調達を行った場合の勘定科目と仕訳について、説明します。

dummy

会社の経営状況を示す『財務三表』の目的と重要性

22.01.25
ビジネス【税務・会計】

会社の財政状況や経営成績を表す会計資料のことを『財務諸表』といいます。
財務諸表は、金融商品取引法上の呼び方で、一般的には『決算書』とも呼ばれます。
この財務諸表のなかでも、『損益計算書』『貸借対照表』『キャッシュフロー計算書』は『財務三表』といい、特に重視されています。
財務三表の仕組みを覚えて定期的に確認することで、会社の経営状態を把握することができます。
将来的な事業計画にもつながる財務三表の見方を確認していきましょう。